オタクサ

P6141498

先日会社の同僚と話していて,彼がいわゆる山紫陽花や額紫陽花を紫陽花と認識していないことに気がつきました。西洋紫陽花をして「紫陽花」と思っていたようです。

紫陽花は日本原産だそうです。シーボルトがヨーロッパに持ち帰り,彼の地で品種改良された後,日本に逆輸入されたのが現在の西洋紫陽花ですね。シーボルトが持ち帰ったとき,お滝さんの名前をとって紫陽花を「オタクサ」と呼んでいたとか。

もともと日本にあった原種の山紫陽花も品種改良が進んで,ごらんのように可憐な紫陽花もこのごろは多くみかけます。写真は「墨田の花火」でしょうか。花がピンクかかったものや,さらに品種改良されて派手なものも見かけるようになりました。

一時期,「墨田の花火」は欲しい花の一つでした。しかし紫陽花は,意外と虫がつくのですよね。それから切り戻しが難しそうだし。清泉小学校の紫陽花が切り戻されるタイミングを見てればいいという話もありますが。

by melekai | 2009-06-25 10:23 | 鎌倉・花日記