Olympus E-1

PC291878

昨日,用事があって渋谷へ出かけたついでに,LAVI で E-3 と E-30 と E-620,それに E-P2 を触ってきた。

E-3。ファインダが見やすい。さすがにフラッグシップな使い心地。各部のリジッドさでは E-1 のほうが上かな? 気になった点はその重さ。いや,大きいし,重い。

E-30。何より気になったのが,E-1 でも E-3 でも E-620 でも気にならなかったミラーショックを感じたこと。展示されている機体の問題? でも,E-1 で気にしたことのないショックを確かに感じる。手ぶれ補正が付いているから構わないのか? アスペクト比を変えて 6:6 で撮ることや,アートフィルターに興味があって E-3 よりは E-30 に心引かれていたので,正直このミラーショックには困った。

E-620。やっぱり僕はダイアルが二つないとダメだということに気がついてしまった。ひとつは絞り値をダイレクトに変えるためのダイアル。もう一つは露出をダイレクトに補正するためのダイアル。ダイアルが一つしかないモデルは,どうしても使いづらさを感じてしまう。

E-P2。EVF 付きのものを見たけれど,なかなかよい。E-30 で感じたミラーショックはミラーがないのだから当然ない。ただ気になるのは,ZD 50-200mm F2.8-3.5 を付けて持ち歩いて大丈夫なんだろうか?撮影時には左手でレンズを抱えることになり,ズームリングとフォーカスリングをまわすどころじゃないんじゃないだろうか。E-P2 の華奢なボディを掴んで振り回しても大丈夫?

今日,E-1 に ZD 50-200 をつけて近所の花や紅葉を撮っていて気がついた。僕は,E-1 のボディに 1,000 万画素のイメージセンサーと手ぶれ補正,最新の画像処理エンジンとマルチアスペクト比,そしてアートフィルターを搭載した機体が欲しいのだ。機械としての使い心地は E-1 が一番良い。慣れているせいだけではないと思う。何より,撮影している際に感じる E-1 の「良いモノ感」に E-3 も E-30 も到達していないように思う。特に,シャッターを押した感触が。

オリンパスさん。

E-1n って,出せないもんでしょうかねぇ...。

by melekai | 2009-12-29 15:33 | 鎌倉・花日記