しかしよく写る...

b0071106_19415177.jpg

X-E1を RAW と JPEG の同時記録に設定して、RAW を Lightroom で現像したものと、カメラ出しの JPEG を比較してみた。

カメラ出しの JPEG の質が良すぎて、特殊な処理をするのでもなければ、RAW で撮る意味が見いだせない。Lightroom いらないじゃん。写真管理だけなら iPhoto で充分じゃん...

レンズの描写も大変に良いし、カメラ撮って出しの JPEG も大変に質がいいし、X-E1 と XF35mm は気軽に撮るにはストレスのない組み合わせ。画角が換算 50mm なので、ちょっと狭いけど。

手振れ補正が付いてたら無敵なんだろうけれど、そういった機構をレンズ側につけると光学性能が損なわれるし、ボディ側にいれると某社の微ブレのような問題があるし、で難しいんだろうな。

さて。そうはいっても運動会までには  X-T1 を手に入れないとな。

by melekai | 2014-02-15 19:40 | カメラ