かたばみ

b0071106_15193143.jpg

どこにでも咲いていて,誰にも見向きもされない花。
鎌倉でいえば,ヒメツルソバとカタバミがそんな花。

カタバミにはいくつかの種類がある。
黄色い花のカタバミ。
薄い桃色の花ならムラサキカタバミ。それよりも濃い色の花だとイモカタバミ。
葉が赤く,花が黄色ならアカカタバミ。
これらのほかにミヤマカタバミというのがあるらしいが,鎌倉ではみかけない。
カタバミの園芸品種らしいオキザリスもあちこちの庭先で見かける。

いまはカタバミの季節らしく,鎌倉の街角のそこかしこにカタバミが小さな花をつけている。

足を停めて,傍らに咲いている花に目を留めてみませんか?

 
ムラサキカタバミ(紫片喰),片喰科
[学] Oxalis corymbosa
[英] Oxalis

OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
鶴岡八幡宮,鎌倉市雪ノ下

by melekai | 2006-05-05 15:33 | 鎌倉・花日記