メンバーシップ更新

今年も PADI のメンバーシップ更新の季節がきた。早い話, PADI に登録料を払うんである。いろんな見方があるが,PADI のトレーニングを『再販』するには毎年メンバーシップを更新し,『ティーチング』というステータスにしてもらわなければならない。また,ティーチングのステータスにするには,保険への加入が PADI によって義務づけられている。つまりは,毎年インストラクターとして活動するには登録料と保険料を PADI に納めなければならないんである。

保険のタイプには賠償タイプと総合タイプがある。総合タイプは賠償タイプにいろいろな特約をくっつけたものだ。ずっと総合タイプを選択してきたのだが,よくよく説明を読むと,事故などでお客さんに賠償しなければならないときに補償を受けられるのは賠償タイプだった。総合タイプはインストラクター個人が困ったときに補償をうけられるものらしい。

ということで,今年は総合タイプから賠償タイプに変更。講習や引率をすることは今ほとんどないから。タイプの変更に伴い,保険料がぐっと安くなった。

さて。講習といえば,今年は EFR をやっただけ。オープンウォーターはフリーのインストラクターだとどうがんばってみても安くできないので,(PADI の精神に忠実にあろうとするとさらにそうなる),継続教育を中心に今年の残りを活動したい。というか,活動できれば,なぁ... と思うのであった。

リーマンで子供が小さいと身動きとれないね。海活動は。

by melekai | 2006-10-02 20:44 |