Mom's day, Dad's day

b0071106_22555064.jpg
体験ダイビングの話を少し。

せっかくハワイイまで来たのだから,たまには子育てから解放されて自由に遊ぼう! という趣旨のもと, Mom's Day と Dad's Day と称して交代で遊びにいくことにした。かみさん同士,旦那同士でそれぞれ遊びにいく,という企画。

で,Mom's Day のアクティビティとして選択されたのが体験ダイビング。ご一緒した家族の奥さんがダイバーではないので,自動的にファンダイビングではなく体験ダイビングになる。うちのかみさんは 200 本を超えるダイビング経験があるのになぜ体験ダイビング? と思われたかたがた。そういう事情です。

ちなみに上の写真は,Mom's Day に「置き去りにされて」途方に暮れるパパを尻目にホテルの庭で遊びまくる子供たち。ま,途方に暮れたのは僕だけで,もうひとりのパパは普段からパパの責任を果たしているらしく,ぜんぜん平気のようでしたが...

ちなみに, Dad's day も体験ダイビング。事情は同じ。しらばっくれてお店に電話して体験ダイビングを申し込み,翌朝ピックアップを待つ。時間通りにバンがやってきて,迎えにきた人が僕の顔を見て一瞬絶句。「えっ? 本当に体験でいいの? はじめてだよ。インストラクターになった後,体験ダイビング申し込んだ人... 」。面白かったっす。つーか,すいません。

Mom's day も Dad's day も,体験ダイビングのロケーションはハナウマ湾。

"あの"ハナウマ湾。昔修行させてもらっていた頃,体験ダイビングと言えばシーライフ・パーク手前のマカイピア(通称マカプー)ビーチでしたよ。カツオノエボシが吹き寄せられるような場所で,たまにサメがみられるもののあんまり面白くないスポット。それがいつのまにかハナウマ湾でダイビングできるようになってて。しかも,ビーチからエントリだって。当時からボートで沖から入ることはできたけれど,ビーチから堂々とタンク担いで入るなんて。いやー。隔世の感があります。

もう何年前になるかな,いちどだけハナウマ湾でスノーケリングしたことがあったので,正直あんまりダイビングに関しては期待していなかった。魚はまぁそこそこいるけれど,当時は餌付けされていたらしく明らかに人慣れしていたし,透明度は悪いし。ということで,今回の僕自身の体験ダイビングの楽しみは,「他のインストラクターがどんなふうに体験ダイビングを実施するか」というところだなーと思っていたのだけれど,あまかった。

ハナウマ湾。たしかにビーチに近いところは透明度が良くない。スノーケラーには十分なんだけれど,ボートで沖に出てハワイイの(というかモロカイチャネルの)クリスタル・ウォーターを知っている人間にはお話しにならない。ところが,湾の中程に波がクラッシュするゾーンがあって,ここを超えて沖に出るとあら不思議。視界がスコンと抜けて,周りはクリスタル・ウォーター。珊瑚も活き活きしていて,別世界。

波がクラッシュするゾーンで水が泡立つから水中の岩なんかが水面から確認できないし,結構な勢いでクラッシュするし,そして沖に向かってカレントが出るので,水面移動しか手段の無いスノーケリング or スキンダイビングでは危なくて沖に出られない。個人的にはスクーバーダイビングよりもスキンダイビングのほうが好きだけれど,ハナウマの本当の魅力を味わうにはスクーバがなければダメだな,と思ったのでした。

恐るべし。ハナウマ。

あ。ちなみに「他のインストラクターが体験ダイビングをどう実施しているか」。ええ。勉強になりましたとも。そこまで<以下自粛>。

by melekai | 2006-11-06 23:19 | US Hawaii