リズム

b0071106_049413.jpg
ロックに日本語の歌詞をのせるのはむずかしい,とよく聞く。英語の歌詞を多用したり (文法的におかしいのがおおいです),妙に巻き舌でうたったり。

ところが,高校の古典の授業で教師が「日本語は全部の音が同じ長さを持っているから,メロディーにことばをのせやすい」と言っていた。曰く,「ぽっぽっぽ。はとぽっぽ」という唄にたいして,英語の歌詞をのせるのはきわめて困難だ,と。

日本語は撥音と促音をのぞいてすべて子音と母音からなる。母音が長音になることもあるけれど,基本は子音と母音のつくりだす一拍がことばにリズムをあたえている。対して英語には子音だけの音が結構ある。strike ということばには冒頭に子音がみっつつづく。日本語には無論,子音がみっつもつづくようなことばはない。

日本語と対比した場合のもうひとつの英語の特徴は,母音の長さが一定ではないことにある。beat bad bat bed bid bit は母音がb と t あるいは d の間に挟まれていることばだけれど,それぞれ母音の長さが違う。最初のものほど長く,最後になるほど短い。...ちなみに,bid bad bed bat bit には促音は入らない。「ビッド」「バッド」「ベッド」 などの促音をいれるカナ表記は甚だ間違いである。英語に声帯で息を詰める促音は存在しない... まぁ,これじゃぁ4分音符がたんたんたんと続くメロディに歌詞を乗せにくいといわれてもむべなるかな。

いったい言語によってリズムに乗せやすいとか乗せにくいとかあるのかよくわからないが,実例をひとつ。

作詞佐藤義美,作曲大中恩の「いぬのおまわりさん」という童謡がある。まぁ日本で育ったひとなら誰でも知っているだろう。これに井口紀子さんが英詩をつけている。次のようなものだ。みなさん,くちずさめますか?

Little kitty, Little kitty lost and all alone
Doggy cop was saying he would take her home
Where do you live? Doggy cop smiled and said
Whats your name? Poor kitty only shook her head
Mew, mew, mew, mew. Mew, mew, mew, mew
Poor little kitty she could only cry and cry
Doggy cop feeling sad and lost
He barked, "Oh, my! Oh, my"
Bowwow, bowwow! Bowwow, bowwow!

かなり工夫をされていて,韻を上手に踏んである。もともとのストーリーをはずさずに,韻を踏みながらここまでできるのか,と正直感心した。

... が,いかんせん,これを口ずさんでもぜんぜん「らしくない」のである。

やっぱり,日本語を想定して作られたメロディーに英語は不自然だし,きっとその逆も真なのだろう,とあらためて思ったのだった。

by melekai | 2007-02-03 01:17 | 鎌倉・花日記