花に嵐の... は超音波?

b0071106_21242888.jpg
昨夜,春の陽気をのんきに愛でるような書き込みをしたら,今夜は一転。春の嵐ですね。さすがに肉厚な沈丁花や西洋柊は大丈夫だと思いますが,ほころび始めた桜が痛まなきゃいいんですが...

オリンパスの第二章がいよいよ始まりました。E-1後継機はどうやら年末のようですね。来年一月のインセンティブ頼みです。それまで E-1 が元気に動いてくれることを祈るのみです。E-410? いやいや。買いませんよ。それよりも先にかみさんの Fuji F11 を F31fd に交換しなけりゃならないもので。

ずっと購入リストの先頭にある 50-200mm F2.8-3.5 は超音波モーター内蔵に進化するようです。これが出てくるまで, 50mm Macro に EC-14 をかませて, 70mm F2.8 Macro として楽しみます。EC-20 は... この際見なかったことにします。100m F4.0 は... ちょっと暗い。ただ, EC-14/20 で撮影倍率は増やせても,ボケは大きくならないんですよねぇ... そこが悩みでしょうか。はやく「本物の」 中望遠マクロを出してほしいものです。早く出さないとシグマに浮気するぞ。

12-60mm F2.8-4.0 というレンズが発表されて... これで 11-22mm が商品ラインナップから外されたりしたら,えらいことです。いわゆるディスコンにされたら,僕は絶対に中古で手に入れようと思ってるんですが,同じことを考えている人たちが殺到して新品価格以上に高騰してしまうんじゃないかと... 夢想?

まぁ,世の中には「E-410 と E-510 だけじゃ予定調和だ」とか「E-1 と新レンズ群の発売が遅すぎる」とかいろいろオリンパスの「Time To Market」能力に苦情が出てますが,まぁいいじゃあないですか。ここまでオリンパスにつきあったんです。もう少しのんびり構えましょう。

今日の写真はスノーフレークです。和名は「鈴蘭水仙」ですね。すずらんすいせん。50mm Macro を絞り開放にすると,この角度からだとしべの一本にしかピントが合いません。角度を工夫すれば全部のしべの先端にピントがくるようにできるんですが,この角度がいいんですよね... この花は。

絞りを 4.0 から 5.6 程度まで絞るともう少し被写界深度が深くなりますが,最近はあえて絞り開放で撮ることが多いです。いいんです。ブレてるとかピントがきてないとか構図がおかしいとか露出が不足だとかオーバーだとか... そんなことは撮った本人しか気にしませんから。

... ちなみに白飛びしているように見えるのは... 白とびしています。

by melekai | 2007-03-05 21:41 | 鎌倉・花日記