最近の傾向

fringed iris

著莪(しゃが,fringed iris)がもう咲いてました。

竹の庭で有名な報国寺にて。

写真とはまったく脈絡がありませんが。

昔から女性ボーカルばかり聞いてます。鎌倉に引っ越してから長い通勤時間はずっと音楽を聞いて過ごしてますが,そのほとんどが女性ボーカルです。

最近はもっぱら KOKIA,Mink,かとうあすか,坂本真綾ですね。

坂本真綾。声優さんです。スターウォーズのアミダラ姫はこの人ですね。結構洋画の吹き替えをやってるようです。ダークエンジェルのマックスもこの人です。アニメでも声優をやっているようですが,ラーゼフォンとトップをねらえ2!ぐらいしか知りません。

坂本真綾。今個人的に一番お気に入りの「声」です。飯島真理によく似てますね。特に低い音域が。小田和正に「あなたはもう少し低い音域で歌ったほうが...」といわれた後の飯島真理の声によく似ていると思います。まぁそういわれてピンと来る人も少ないと思いますが。リン・ミンメイが新譜を出したんだと思えば,ソソられる人が多少は... いないか。

少々残念なのは,楽曲が「声」を活かしきれていないこと。せっかくいい声しているんですけどねぇ。それと,借りてきたCDを聞いた範囲では,どれも録音があまりよろしくありません。もったいないことです。もうすこし「声」を前面に押し出してもいいと思うんですけどね。

ところで,坂本真綾といえば菅野よう子ですが,最近は袂を分かったようですが... しかしツタヤ DISCAS には菅野よう子プロデュース時代のアルバムがありません。で「夕凪LOOP」という新しめのアルバムを借りてきたら,鈴木祥子が二曲ほど提供しているじゃありませんか。

で,この二曲がですねぇ... もろ鈴木祥子メロディー全開なんですよ。電車の中で思わずうなっちゃいましたね。「うぉ。これ,鈴木祥子自身が歌ってたなら...」と。

もちろん,音程を合わせるということなら,坂本真綾はとても上手で,いろんな曲を破綻なく歌ってます。しかし歌がウマいというのは,音程が合う合わないを超えたところにあるんですよね... と再認識した今日この頃でした。

by melekai | 2007-03-26 23:36 | 鎌倉・花日記