トキワツユクサ

Small-leaf spiderwort

今日の写真はトキワツユクサ(常磐露草)。

この季節、谷戸地形の鎌倉ではあちこちで見かけます。どちらかというと日当りの悪い、すこし湿気のある斜面に生えていることが多いですね。借りているアパートの裏手の山の斜面にたくさん生えてます。

英語の名前は"Small-leaf spiderwort"というそうです。spiderwortとだけいえば、これはムラサキツユクサ(紫露草)のことのようですね。日本ではツユクサ(露草)が一般的でムラサキツユクサはどちらかというと見かけないほうだと思うんですが、あちら(英? 米?)では逆なんでしょうか。

この写真も白飛びしていますが... トキワツユクサはどこもかしこも真っ白で、しべの先端だけが鮮やかな黄色、という花です。撮りにくいですねぇ。最近、白飛びを気にしなくなりました...

上にも書きましたが、この花はどちらかというと日中でも薄暗いようなところに生えてます。たまに陽のあたるところにも咲いていたりしますが、直射日光があたるような場所でこの花を撮ろうとすると、もう白飛びは免れません。で、逆に薄暗いところで撮ろうとすると、こんどはホワイトバランスが微妙に難しい。悩みのつきない花ですね。特に、光がたっぷりあたるとすばらしい発色をするけれど、光量が足りなくなるといまいちなE-1では。




白飛びしていない写真は、RAW現像時にホワイトバランスを調整してもいまいち色乗りが悪いですね。

Small-leaf spiderwort

by melekai | 2007-05-03 14:01 | 鎌倉・花日記