ユキノシタ

P6176754

ウシノシタ,といえばすこぶる美味しい魚ですが,写真の花はユキノシタ(雪の下)です。

紫陽花はユキノシタ科ですが,そのユキノシタ科の本家というか宗家がこの花。進化の系統として本家かどうかはわかりませんが,すくなくとも名前の上ではそういうことになってます。

鎌倉には雪ノ下という地名がありますが,雪ノ下にはユキノシタがよく生えてます。植えられているものも,自生のものも。雪ノ下の地名の由来で有力なのは,京育ちの頼朝公がみやこの雪景色を懐かしんでいたところ(鎌倉には滅多に雪はつもりません)... というヤツですが,それとは別に,ユキノシタがたくさん生えているから,というのもあるそうです。

ユキノシタは湿気の多そうなところに好んで生えてます。谷戸の北斜面や,滑川の岸の日陰になているところなんかを探すと,すぐに見つかります。滑川の南側から報国寺へアプローチする小径には,一面ユキノシタが生えている斜面がありますが,この時期は花が咲き乱れて壮観ですね。

by melekai | 2007-06-23 20:12 | 鎌倉・花日記