アガパンサス

P7076790

今日の写真はアガパンサス。英語の名前は African Lily とか Lily of the Nile だそうです。

アガパンサスというのはなかなか舌を噛みそうな名前ですが、「Agapa(愛らしい)」と「Anthus(花)」というギリシアの言葉の組み合わせですね。ピラカンサス、アガパンサスなどのように「~アンサス」で終わる名前が花に多いのは、ギリシア語で「Anthus」が花という意味だからなのだそうです。

アガパンサスは入梅する前後から鎌倉ではどこでも見られます。おんめ様(大巧寺)の庭には、毎年立派なアガパンサスが咲きますね。写真のアガパンサスは、横浜国立大学付属小中学校の正門付近で撮ったものです。かなり引いて撮ってますので、どんな花だかこの写真じゃちょっとよくわからないですね...

ところで、アガパンサスの花言葉は「恋の訪れ」とか「愛の季節」。

... 娘よ。まだ早いのではないかい?

by melekai | 2007-07-09 14:51 | 鎌倉・花日記