2006年 10月 02日 ( 2 )

紅白の水引

b0071106_20461270.jpg
紅白の水引が絡んでいた。白いほうは銀水引というそうで,学名は Polygonum filiforme form albiflorum となるそうな。albi とついているところが,いかにも白そうな気配がする。albi + florum で「白い花」かな。

水引の英語名についてネットでいろいろと調べると,銀水引のほうは『バージニアの結び目の草』という名前: Virginia knotweed というのをちらほら見かける。赤い,普通の水引は「英名は無い」と言いきるサイトと Jumpseed という英名を載せるサイトとがある。困って英語のサイトを覗きにいくと,こんどは Virginia Knotweed も Jumpseed も同じ植物のことで,さらに別名として Painter's Palette とうのが紹介されている。絵描きさんのパレットに筆から零れ落ちた絵の具が点々と痕をつけている様子を彷彿とさせる。しかし,はて。赤い水引の英名は?

洋の東西を問わず,花の名前は難しい。

海蔵寺にて。

水引/銀水引,蓼(たで)科

[和名] ミズヒキ
[学名] Polygonum filiforme
[英名] Jumpseed

[和名] ギンミズヒキ
[学名] Polygonum filiforme form albiflorum
[英名] Virginia knotweed

海蔵寺,鎌倉市扇ガ谷
OLYMPUS E-1 + ZD ED 50mm F2.0 Macro

by melekai | 2006-10-02 20:48 | 鎌倉・花日記

メンバーシップ更新

今年も PADI のメンバーシップ更新の季節がきた。早い話, PADI に登録料を払うんである。いろんな見方があるが,PADI のトレーニングを『再販』するには毎年メンバーシップを更新し,『ティーチング』というステータスにしてもらわなければならない。また,ティーチングのステータスにするには,保険への加入が PADI によって義務づけられている。つまりは,毎年インストラクターとして活動するには登録料と保険料を PADI に納めなければならないんである。

保険のタイプには賠償タイプと総合タイプがある。総合タイプは賠償タイプにいろいろな特約をくっつけたものだ。ずっと総合タイプを選択してきたのだが,よくよく説明を読むと,事故などでお客さんに賠償しなければならないときに補償を受けられるのは賠償タイプだった。総合タイプはインストラクター個人が困ったときに補償をうけられるものらしい。

ということで,今年は総合タイプから賠償タイプに変更。講習や引率をすることは今ほとんどないから。タイプの変更に伴い,保険料がぐっと安くなった。

さて。講習といえば,今年は EFR をやっただけ。オープンウォーターはフリーのインストラクターだとどうがんばってみても安くできないので,(PADI の精神に忠実にあろうとするとさらにそうなる),継続教育を中心に今年の残りを活動したい。というか,活動できれば,なぁ... と思うのであった。

リーマンで子供が小さいと身動きとれないね。海活動は。

by melekai | 2006-10-02 20:44 |