カテゴリ:鎌倉・花日記( 557 )

カサブランカ

b0071106_763764.jpg

大輪の白百合。芳香が強い。鎌倉では、日当りのいい場所ではあちこち咲き始めた。

by melekai | 2014-07-06 07:08 | 鎌倉・花日記

アガパンサス

b0071106_12295227.jpg

久しぶりに梅雨らしい、しとしとした雨が降り続く...

今朝からカサブランカが咲き始めているけれど、X-E1 は防滴じゃないから撮りに行けない...

by melekai | 2014-07-05 12:33 | 鎌倉・花日記

姫弦蕎麦

b0071106_910118.jpg

Olympus E-1 と ZD50mm F2.0 Macro を買ったとき、取りまくった花がこれ。ヒメツルソバ。

アスファルトの割れ目のようなところでよく咲いている。

北鎌倉の円覚寺には、法面がぜんぶヒメツルソバに覆われているところがあって、いつか上手に取りたいと思っている。ただ、これ、単体でマクロ映えするけれど、群体で取るのはなかなかに難しい花なんだよね。

ヒメイワダレソウ(リピア)もそうだけれど、群生する小さい花をどう撮ればよいものやら...

by melekai | 2014-07-02 09:09 | 鎌倉・花日記

アガパンサス

b0071106_94693.jpg

この季節の鎌倉と言えば紫陽花。
でも、紫陽花以外にも見応えのある花が民家の庭でたくさん咲いている。

これはアガパンサス。「自己愛」を表す「アガペー」と「花」という意味の「アンサス」という二つの言葉をつなげて「アガパンサス」。

「私を愛して」っていうだけのことはある、実に見応えのある花。

by melekai | 2014-07-01 09:06 | 鎌倉・花日記

紫陽花

b0071106_16571747.jpg

やっぱり歳のせいか、ぐっと寄ったマクロよりも少し引いた絵作りに心惹かれるようになってしまった。

紫陽花、今が盛り。

七変化という別名のとおり、秋口まで花は持つけれど、瑞々しさがだんだんなくなって最後はドライフラワー。もっとも、名所の紫陽花は枝が間延びするのを防ぐために梅雨が終わる頃にはバッサリと切り戻してしまうから、やっぱり愉しめるのは今しかない。

by melekai | 2014-06-24 16:59 | 鎌倉・花日記

ヒメシャラ

b0071106_14101416.jpg

庭のヒメシャラはそろそろ終わり。
地味な割には花の数が多いから、毎朝の掃除が大変なんだそうな。
ヒメシャラは芦ノ湖の北側から金時山にかけて大群落があるけれど、そろそろ咲き始める頃かな?

by melekai | 2014-06-22 14:11 | 鎌倉・花日記

ヒメイワダレソウ

b0071106_11461839.jpg

上海から帰ってきたら数日はゆっくりしたいなぁと思っていた。
まぁ、そんなにコトがあまく運ぶ筈も無く。
大阪、広島と出張してデモをすること五件。
金曜日には外部団体の会合を会社の会議室でホストして、ようやく週末。

さて。
庭のリピア(ヒメイワダレソウ)が咲いた。手入れをしなくても毎年花を愉しませてくれる。

by melekai | 2014-06-21 11:48 | 鎌倉・花日記

紫陽花

b0071106_1245139.jpg

六月に入ったとたん、庭の紫陽花が咲き始めた。

写真は、X-E1 と 35mm f1.4 の組み合わせで撮影した JPEG 画像を、Lightroom で「明瞭度」をマイナス方向に調整。ソフトフィルターがかかったような印象になるので、花や子供を撮るときには便利。

まーそんなことしなくても、素の 35mm f1.4 の描写で文句も無いのだが。

by melekai | 2014-06-02 12:47 | 鎌倉・花日記

ヒューケラ -2-

b0071106_234266.jpg

花が咲かなくても、葉の彩りが愉しめるのはヒューケラの良いところ。

by melekai | 2014-05-19 23:05 | 鎌倉・花日記