AKG K404

b0071106_16472749.jpg

仕事用に買い足し。

10年くらい前までの、K701 を出すまでの AKG の音質とは違って、低音がしっかり出る。
高音は... 普段聞いているのがヘッドセットは Sennheiser HD580 とインイヤーが Etymotic Research HF5 ということで、それらに比べれば透明感はもちろん無い。

中高音は艶があって、女声は心地よい。全般的に使いやすい。

これが 3,500 円程度で買えるなら、まったく文句はございません。

by melekai | 2014-05-31 16:51 | 音楽・オーディオ・機器

DAC 再考

かつて,我が家では iMac → AirMac Express → PS Audio DL III (DAC) → アンプという接続になっていました。当時はテレビとオーディオは(リビングのスペースの問題から)完全に分離していて,テレビは テレビのヘッドフォン端子 → Topping のデジタルアンプ → ボーズの小型スピーカーという構成でした。

引越を機にテレビとオーディオを統合しようと思い,CD の再生もテレビの音声もすべてメインのアンプとスピーカーを通すように配線を変更しました。下記が現在の配線図ですね。

Panasonic DMR830 -(同軸デジタル)→ PS Audio DL III -(RCAアナログ)→アンプ→スピーカー

現在は CD だろうと DVD だろうと Blu-ray だろうと,すべてパナソニックのブルーレイレコーダーで再生し,デジタル音声出力から PS Audio DL III に繋ぎ,そこからメインのアンプへ,という構成になっています。(AirPlay 対応は次の段階です)。

ところが,ですね。

CD の再生はこれで問題ありません。ブルーレイレコーダーが曲名をテレビに表示してくれたりなんかして,なかなか素敵です。

ですが,DVD は,ものによっては音が出ません。ライブの DVD は音が出ますが,子供たちが見るディズニーの映画は軒並み駄目です。ブルーレイも殆ど駄目ですね。

パナソニックのブルーレイレコーダー (DMR 830)の同軸デジタル出力がリニア PCM にしか対応していないのかしらんと思い,ネットのあちこちをうろついて有効な情報を発見できずにいたところ,ふっとひらめきました。

出力側じゃない。入力側だ。

そう,PS Audio DL III が,リニア PCM の入力にしか対応しておらず,DVD やブルーレイに収録されているのが Dolby True HD やら MPEG4/AAC やらだと,D/A 変換できないようなのです。

と・い・う・こ・と・は...

DAC も置き換え?

by melekai | 2011-01-17 18:42 | 音楽・オーディオ・機器

低音が出ない

引越先のリビングルームにオーディオ機器をすべて持ち込んで,暖房も効かないのに夜な夜なセットアップしている今日この頃,みなさんあけましておめでとうございました。

さて。リビングルーム。音響的にはかなりデッドな環境ですが,現有機器だと悲しいくらいに低音が出ない。床に直置きして低音増強とか,そういうレベルじゃないです。10cm のフルレンジ一発じゃやはりムリなのか。それでも Vifa 10cm ユニットの奏でる中音域は素晴らしく美しく,女性五人のアカペラなどはもういつまでもいつまでも聞いていたくなるほどうっとりするのですが...。悲しいことにジャズが全部駄目。

別に低音中毒ではありませんが,高校時代にベースを触ってて(そして挫折した)身としては,やっぱりジャズやロックではバスドラのアタックがドシドシ響いてベースがブリブリ鳴っていないと寂しいのです。

ヘッドフォンで再現できるバランスをスピーカーで実現するのは,本当に骨が折れます。PS Audio のヘッドフォンアンプ(GCHA)にゼンハイザー HD580 という組み合わせが聞かせる低音をフルレンジ一発で再現というのはまぁムリでしょうけど,それでもエティモティックリサーチの ER6i に負けてるって...。

Vifa の魅惑の中音域は棄てがたいのでスーパーウーファーを追加するか。それとも金を貯めて三年後に Focal の 816v あたりを狙うか。

ホントはアンプのギャングエラーが気になりだしたので,最近モデルチェンジしたローテルのプリが欲しかったんだけれどなぁ。

by melekai | 2011-01-06 23:41 | 音楽・オーディオ・機器

ブルーレイ再生専用機のデジタル出力

我が家にあるパナソニックの DMR-BW830 は、ブルーレイ・ディスクの再生中に放送を録画できません。AVC のデコード・エンコードをおこなうチップが一つしかないからだろうと勝手に思ってます。AVC デコードの必要がない DVD の再生と番組録画は同時にできます。

予約録画が始まるとブルーレイの再生を止めなければならないのが少し不便なのと、トレイにディスクを載せてから再生が始まるまでの時間が結構長いことから、再生専用機を買おうかなと思い立ちました。

どうせなら音声出力を PS AUDIO の DIGITAL LINK 3 に繋ごうと思ったんですが...。

DIGITAL LINK 3 の入力は、同軸デジタル1系統、光デジタル1系統、USB 1系統になってます。このうち光デジタル端子は AirMac Express と繋がっていて、iMac から音楽を垂れ流すために使ってます。空き端子は USB か同軸ということになります。

パナソニック、パイオニア、ソニーの再生機を調べたところ、入門機で同軸デジタル出力端子を持っているのはソニー BDP-S350 だけ。パナソニック DMP-BD60/DMP-BD65, パイオニア BDP-320/BDP-330 には光デジタル出力しかありません。パナソニックとパイオニアは、それぞれのフラッグシップモデルにしか同軸デジタル出力端子を装備していないんですね。

我が家ではソニー製品はなるべく避けているのだけれど、どうしようかなぁ...。

by melekai | 2010-06-06 13:18 | 音楽・オーディオ・機器

ブルーレイ再生不良

パナソニックがBDソフト「アバター」再生にともなう現象に関するお知らせを公表していますね。アバターのディスクをセットして再生が始まるまで 5分!。対策は,「5分待ってください」。うーん,我が家ではアバターは DVD で見ることにしよう。

ちなみに,「本編再生中にチャプター画面の表示や再生中の場所を表すタイムバーなどが表示されることがある。」という件に関しては,ティンカーベルの「月の石」でもおきます。これはファームウェアのアップデートで「軽減」されるとのこと。「軽減」かぁ...。

再生専用機を買うかな?

by melekai | 2010-05-27 17:27 | 音楽・オーディオ・機器

Hear The Music

CD が安い。Hear The Music

Ann Sally の CD が二枚、なんと一枚あたり 1,000円で販売中。ちなみに iTunes Store では、同タイトルは 1,800 円。

b0071106_1425666.jpg


しかも Amazon で買える。思わずまとめ買い。この二枚、Ann Sally のアルバムの中でも評価が高いのだ。

b0071106_144839.jpg


ついでに知らない間に出ていた Fried Pride の新譜 A TIME FOR LOVE も入手。

正月早々音楽的に幸せな日々。
そして、久しぶりのブツ撮り。

b0071106_1454799.jpg

by melekai | 2010-01-03 14:07 | 音楽・オーディオ・機器

Noon 新譜 Songbook

生きてます。

Twitter あたりにはたまにつぶやいてますが,仕事が忙しすぎてここを更新する意欲がありません。逐電してしまおうかと四六時中考えていたり。

さて。

Noonの新作,Songbookが 12月 23日に発売。本日アマゾンに予約入れました。
この選曲,ヤバすぎ。

■01. Time after Time
■02. Just the way you are
■03. Love
■04. I've never been to me
■05. I'll stand by you
■06. You are the sunshine of my life
■07. Englishman in New York
■08. You are not alone
■09. Your song
■10. Desperado
■11. In my life

しかし,Time after Time とか Just the way you are とか Englishman in New York とか Desperado とか,我が家の iTunes Library にはいったい何曲入っているんだろ。

by melekai | 2009-12-08 15:09 | 音楽・オーディオ・機器

モグラにさよなら

P4041306

最近アンプ(Marantz PM-19)のギャングエラーが酷くなってきた。アンプからみて入力にあたる PS AUDIO Digital Iink III (DAC)の出力が大きいので,ボリュームの常用範囲は OFF 〜 8時まで。

絞りきっても右スピーカーからは音が漏れるし,8時くらいまでは左右の音量が安定しない(から音像定位がしばしば損なわれる)ので,深夜にゆっくりと聞いていると,時折「いらっ」とさせられることがある。なにより8時までの範囲で使っていると,出てくる音に元気がない。Vifa 製の重いケブラーコーンを駆動しきれていない気がする。

以前,試しにヘッドフォンアンプ(PS AUDIO GCHA)の出力からアンプに繋いでみたことがある。アンプのボリュームを12時くらいに固定し,音量調整は GCHA のほうで行う。(GCHAは直流増幅という方式だけれど,これが音にどういいのかはわからない)。アンプ部を二度も通すことになるのだけれど,ボーカルや弦楽器などいわゆる中音域の艶やかさはすばらしいものがあった。反面,低音域が弱くなり,高音域がストンと消えてしまった。まぁ,ジャズボーカルを聞くにはこれはこれでいいかなぁと思ったりはしたけれど。

PM-19単体では,ゲインが大きすぎてボリュームのいいところが使えない。ボリュームを12時くらいまであげれば(抑えれば,か?)良い音がしそうだけれど,なにせ爆音で近所からの苦情が怖い。かといって深夜の視聴を含めた常用域はギャングエラーが気になる。ゲインが大きすぎるのなら入力信号を減衰させるためにアンプの前段に抵抗でも咬まそうか。それともいっそのこと買い替えようかと思っていたら...。

フライングモールって,倒産していたんですね。

いや,買うか買わないかと言われればたぶん買わなかったとは思いますが。技術を持った小さなメーカーが無くなっていくのは寂しい限りです。

いよいよ X-PM1 しか残っていないのか...。NuForce は「おとーさんの1万円オーディオ」の範疇外だしなぁ...。

by melekai | 2009-04-27 11:51 | 音楽・オーディオ・機器

質はどこへ

IT Media の Plus Dに興味深い記事が出てます。

ブルーレイ・レコーダーのメーカーのマインドシェアなのですが,『欲しいメーカーについては1位がパナソニック(23.9%)、2位がソニー(19.3%)、3位がシャープ(8.1%)という結果となった。』とのこと。我が家もパナソニックなので,この結果はうれしいですね。

ところで,興味深いというのはその続きの,欲しいと答えたメーカーに消費者は何を求めているかを分析した部分。どこにも「画質が良い」というのがありません。

メーカー間で画質に大した違いはないのか。そもそも画質は決定要因とはなりえないのか。ちなみに僕がブルーレイ・レコーダーの購入を決定した2009年12月時点では,画質においてはパナソニックがソニーよりも一枚上手,というのがAV専門各紙やウェブサイトの評価でしたね。テレビのコマーシャルだけみていると2011年画質のソニーが優れているように感じますが,コマーシャルでは当然他社との不利な比較はしないので,他社との比較検討は常に必要ですね。比較や評論のウェブサイトが(信用できるものからアヤしいものまで含めて)あちこちにあるこのごろは,買い物するのにとっても便利な世の中になりました。

しかし,ですよ。

昔から,日本の一般大衆は画質や音質には無頓着だと思ってますが,やっぱり画質や音質は一般的な消費者の機種決定の評価要素には入らないんでしょうね。どこのメーカーも十分にきれいですから。

電車で iPod に付属のイヤフォンをそのまま使っている人を見るにつけ,つくづくそう思うのでした。

by melekai | 2009-03-09 09:45 | 音楽・オーディオ・機器

トライアングラーがききづらいと思う理由。

以前、坂本真綾のアルバム「かぜよみ」に関して『前半よりは後半がお好みでしょう』と指摘を受けましたが、まったくそのとおり。前半は著しく聴きづらいんです。耳につく。

その理由をビジュアルにお見せしましょう。

まずは、最近発売されたCDの中でも「音質が良い」と評判の、藤田恵美『カモミール・ベスト』から『Tears in Heaven』の波形を。(何の波形かとかムズカシイことはおいておきましょう)。名曲ですね。
b0071106_245860.jpg

音楽ですから、静かに鳴っているところも盛大に鳴っているところもあって、ダイナイズムが見て取れるわけです。もちろん波形が良けことだけが音の良い条件ではありませんが、聴いて心地よい音楽は波形から見て取れるように硬軟強弱があるってことですね。

さて。『かぜよみ』の比較的ましな後半から『かざみどり』。
b0071106_274275.jpg


次は、『かぜよみ』で最も録音の良い部類と思われる『最後の果実』。
b0071106_282112.jpg


それでは、いよいよ問題の『トライアングラー』。
b0071106_274066.jpg


わかるでしょうか。
いわゆる「コンプかけまくり」なわけです。コンプとはコンプレッサの略で、音量の小さいところを持ち上げ、音量の大きいところを押さえる処理をする機器のことです。

『かぜよみ』の前半の多くの曲で、盛り上がりになるとボーカルが奥に引っ込んでしまいます。歌っている本人がサビにさしかかるとオフマイクで歌っているなんてことはないでしょうから、どうにも不自然になるんですね。そして、とにかくうるさく聞こえる。そりゃ、ずっと音量が最大付近で張り付いているんですから、五月蝿いでしょうね。

ぼくはボーカルのブレスをおいかける、いわゆるブレスフェチなんですが、コンプをきつくかけられると、サビでボーカルからブレスが消えて(あるいは弱くなって)、こっちが窒息しそうになります。なによりこれから盛り上がるぞってときに、今まで目の前で歌っていたボーカルが遠くに行ってしまう。興ざめですよ。

もう少し、音質のことを考えてCD制作してくれませんかねぇ...。

by melekai | 2009-03-05 02:11 | 音楽・オーディオ・機器