カテゴリ:US S.F bay area( 57 )

転戦

なにやら我が家ではオムツ血だらけ騒動などがあり大変な模様ですが、出張中のホテルから書いています。

「やっぱり出張行ってきて」といわれたのが先週の水曜日。木曜日は名古屋、金曜日は大阪の予定だったので、日替わりで

名古屋→大阪→鎌倉→機中→Orlando (Florida)→Minneapolis (Minnesota)→San Francisco(California)と移動してます。ホテルで寝ている時間よりも飛行機に乗っている時間のほうが多いような始末でして...。

今回、何が悲しいって、Orlando に着いたのが夜ですよ。ホテルに一泊後、午前中にミーティングをしてそのまま Minneapolis に移動したんですが、できることなら Orlando で二泊したかった...。あの青い空をたったの半日しか楽しめなかったなんて。しかも泊まったホテルは会社の隣にあり、空港から車で5分。(実際、ホテルは空港と レンタカー屋さん(Hertz)の中間にあるのです)、出歩くこともありませんでした。よって、Orlando に関しては書くことがありません。ま、仕事ですから文句も言えません。

Minneapolis。寒い。Orlando は半袖で十分なんですが、Minneapolis は氷点下。寒いったらありゃしない。そこで二泊ですからね。あぁ。Minneapolis については、書くことがありません。記憶に残っているのはふたつ。寒かった。ビルの二階が渡り廊下で相互に連絡されている面白い街。それだけ。

そんな極寒の Minneapolis の後についた California の気候のすばらしいことといったら。

半日だけ時間が空いていたので同行した上司と(同行したのは僕のほう) Napa に寄ってきました。腹がすいていたので、昔一度だけ行ったことのある「デリのあるワイナリー」に行きました。途中、Visitor Center で情報と地図を仕入れて、Silverado Trail という名前の、車を走らせるだけで「ここは天国か」と思わせるようなすばらしい道を通って。

Napa 近辺は美しいですね。今の季節は鈴懸けの木(Planatus)が真っ赤に紅葉していて、抜けるように青い空との対比が特にいいですね。少し傾いた午後の陽の中で見る Napa Valley は、色彩にあふれて本当に美しかったです。いままで「カリフォルニアは色が薄い」と思っていましたが、今回認識を新たにしました。ここは美しい。老後に住みたい。

今回、出張が直前に決まったことと、本社近辺での滞在があまりに短い(しかも出張が決まった時点でビジネスディナーも同時に決定)ので、あまり人に会えませんでした。一緒に食事に行きたかった人たち、たくさんいるんですけど。また次回。

今日、これから成田に飛びます。いいかげん、家族の顔が見たい。しかし、また飛行機に乗るのか。チケットには「Frequently Flyer」とかかれる始末...。がむばります。

PA110804PA110801

by melekai | 2008-11-15 00:29 | US S.F bay area

松葉

P6270523

昔から松葉が降り積もるところには下草が少ないと感じているんですが,洋の東西を問わず,のようです。陽が届かないからなのか。松葉に除草成分があるのか。

実家には松が植えてあって,五月になると父が伸びてきた新芽を切り落とすんですが,そのときには少し刺激臭のあるあの松葉の独特の匂いが家中を包むんですね。降り積もる松葉を見ると,いつもあの匂いがよみがえります。

アメリカの松(larch?)は,日本のものよりもすこし刺激臭が少ないな,と思いました。

by melekai | 2008-07-13 00:22 | US S.F bay area

アイリス

P6270532

最近時差ぼけをあまりしなくなりました。時差じゃなくて,普段からぼけているだけだという指摘も周囲からありますが...

時差ぼけしないかわりに,眠れなくなりました。出張中は平均で三時間くらいしか寝てないんじゃないでしょうか。おかげで日中ずっと眼が赤いです。

早起きしてもやることがないのでホテルの周りを散歩するわけですが,今回の発見はこれ。日本では見ないアイリスですね。道路の中央分離帯にたくさん植えてありました。旬だったようで,なかなか見応えありました。

仕事が落ち着いたら(落ち着くのか?)花の名前を調べてみたいと思います。

by melekai | 2008-07-06 13:41 | US S.F bay area

鈴懸の木

P6270521

知っているところでは,横浜のみなとみらいに鈴懸け通りというのがありますね。日本でもよく植えられていますが,不思議と日本では実を見かけませんね。たまたまかな。

アメリカではよく実を付けるようで。むこうでは Platanus Tree と呼ばれているようです。

by melekai | 2008-07-05 12:02 | US S.F bay area

Sun Rise @ Sofitel

P6270516


六月といえば、住民税が変わる月ですよね。勤めている会社は給与明細はオンラインで提供されるだけなのですが、今朝一週間ぶりにオフィスに出勤してあらためて online payslip を確認してびっくり。

…住民税が二倍になってる…

生きていけません。住民税高いよ、鎌倉市。

さて。
写真は Sofitel の庭から眺めた朝焼け。カナディアン・グース(canadian goose)も朝焼けに見とれているようです。

ちょっとまえまで、このグースたちは人間が近寄るとえっちらおっちら逃げていたような記憶があるんですが、写真のグースたちはまったく逃げませんでした。シーッと威嚇する音をくちばしから出してはいましたが。

気候がいいと、人間も動物も悠長になるんでしょうかねぇ。

by melekai | 2008-06-30 13:58 | US S.F bay area

金門橋

P6230507

金門橋(Golden Gate Bridge)をサンフランシスコ市内から北に抜けて,すぐにある出口を降りて左に曲り,トンネルを抜けるとAlexander's viewがあります。金門橋をこの角度で撮れる,貴重な場所。ただ,いつも風が強いですね。

サンフランシスコは半島の先端にあって,太平洋とベイとの両方に面しています。太平洋側は曇っていることが多いと記憶していますが,この日もガスってますね。

写真に写っているのは,今回一緒に出張した同僚。僕はサンフランシスコにいくときには,半パンに長袖のパーカーというのが決まった格好なんですが,同僚はみんな真面目ですね。ドレスコード的に正しいです。

by melekai | 2008-06-29 07:35 | US S.F bay area

久しぶりに出張、のお知らせ

たぶんおそらくきっと、6月後半に本社へ出張します。STPP。一年以上渡米しなかったので、もしかしたら101で迷子になっているかもしれません。

6/22(Sun)に入って6/26(Fri)に出ることになると思います。

今回、ちょっと無理してでもE-1と50-200mmを持っていこうと思ってますが、Redwood Shore近辺のカメラ好きな人々、都合が合えばご一緒しませんか?

by melekai | 2008-05-23 19:48 | US S.F bay area

乱読のすすめ

P7296879

本日も写真と内容に関係はありません。

お盆ですねぇ。
電車が空いてます。

あいかわらず仕事ではなにかと雑事が多いんですが、そろそろ机に積みあがっている「未読図書・未レビュー図書」を処理しようと思っています。

サラ・ウォーターズ著、「夜愁」(原題: Night Watch)
マイケル・クライトン著、「恐怖の存在」(原題: State Of Fear)
小野 不由美著、「黒祀の島」
関 裕二著、「入鹿と鎌足」
筒井 康隆著、「家族八景」


が積みあがってます。
さあ大変だ。

by melekai | 2007-08-15 11:27 | US S.F bay area

andの発音

P7296847

写真と本文は関係ありません。

最近ずっと気になっているのが、"and"の発音。

今日の内容は「えてにつき」的なので、興味のある人だけどうぞ。

by melekai | 2007-08-13 18:28 | US S.F bay area