<   2005年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

花の命,それぞれ。

b0071106_23265615.jpg

百日紅(サルスベリ)のようにいつまでも咲いている花もあれば,桜のようにすぐに散ってしまう花もある。

木蓮もどっちかっていうと,ぱっと咲いてぱっと散るほうかな。

あちこちの木蓮が,もう花を散らせ始めてる。

長谷寺,鎌倉市長谷

by melekai | 2005-03-31 23:30 | 鎌倉・花日記

春星花

b0071106_132280.jpg

b0071106_133934.jpg


spring star flower... 春星花という呼びかたがあるのかどうかは知らないけれど。
結局,鎌倉で春と言えば真っ先に思い浮かべるのがこの花だったり。

花韮。

通勤に使う大佛通り(と勝手に呼んでいる)にもたくさん咲いている。

収玄寺,鎌倉市

by melekai | 2005-03-31 01:07 | 鎌倉・花日記

ナントカ柳

b0071106_23201683.jpg

b0071106_23203063.jpg

ええと,これは...
はて?

江の電長谷駅から長谷寺へ行く途中にある,収玄寺の庭で見かけた... 花...?

多くの人が収玄寺を素通りしていくけれど,ここの庭には花がいっぱい。そして,名札もいっぱい。たまには寄り道しては?

収玄寺,鎌倉市長谷

by melekai | 2005-03-28 23:26 | 鎌倉・花日記

日向水木

今日は日曜日なのに,新卒採用の面接にかり出されて出勤。
青空が気持ちいい休日だったのに,写真を取りにいく暇も無く。
ま,久々に学生の元気に触れられて,それはそれで良かった...

b0071106_20355040.jpg


土曜日に長谷寺で撮った日向水木。

長谷寺の日向水木は入り口の近く,土佐水木の隣に生えていた記憶があるのだけれど,ぜんぜん間違い。なんと,階段を地蔵堂まで上がったところに生えていた。

しかし土佐水木と日向水木。難しい。土佐水木のほうが,雄しべが飛び出している?

写真,前ボケが汚い。失敗作です。見せしめのため(?)公開。

長谷寺,鎌倉市長谷

by melekai | 2005-03-27 20:41 | 鎌倉・花日記

シデコブシ

b0071106_1371313.jpg

b0071106_1373216.jpg

マグノリアの類はぜんぜん見分けられないのだけれど,これはシデコブシ。名札にそう書いてあったから。

おんめ様で咲いていたもの。
大巧寺,鎌倉市小町


ところで...

長谷寺に無法者が出現。

by melekai | 2005-03-26 13:17 | 鎌倉・花日記

キブシ

b0071106_04321100.jpg

キブシ。

漢字では木五倍子と書くらしい。
鎌倉ではふつーに生えているけれど,鎌倉に越してくるまで見たことなかった。

車で朝比奈峠を鎌倉から横須賀側へ抜けるとき,左手にたいへん目立つキブシがある。
あれ,撮りたいのだけれど,轢かれそうだしなぁ...

写真のキブシは亀ヶ谷の切り通しに咲いていたもの。
鎌倉街道の北鎌倉と鎌倉の間のあたりにも,路側に結構立派なキブシが咲いている。

北鎌倉

by melekai | 2005-03-26 00:50 | 鎌倉・花日記

乙女椿... なのだろうか。

b0071106_052444.jpg

b0071106_054167.jpg

椿の種類がちっともわからない。

こんな感じの色合いで,こんな感じに花びらが幾重にも重なっている椿をみて,母が「オトメツバキ」と昔言っていた。

これも乙女椿なんだろうか。

海蔵寺,鎌倉市扇ヶ谷

by melekai | 2005-03-25 00:10 | 鎌倉・花日記

トサミズキ

b0071106_125385.jpg
b0071106_1255226.jpg

花のんの散歩みちさんからのトラックバック。

去年の春,長谷寺で初めてこの花にあったときには,「かわいんだかどうなんだかわかんない花だなぁ」と思った。たしか,ヒュウガミズキ(日向水木)の隣に植えられていて,二つの花の違いが良くわかるので面白かったような... 今年は日向水木のほうは咲いてなかった気がするけれど,気のせいかな...

写真のトサミズキは,長谷寺のではなく,光則寺のもの。なんとなぁく,だけれど,長谷寺よりも光則寺のほうが写真が撮りやすい気がする。気のせいかな...

トサミズキ。何度みても微妙な花。飽きないといえばそうなんだけれど。

by melekai | 2005-03-24 01:33 | 鎌倉・花日記

ホトケノザ,リベンジ

b0071106_2358295.jpg

水中写真の日本での草分け的存在,益田一さんの著作に,「魚の写真を撮り始めた頃,芸術的な写真を撮ろうとしたけれど,そういう分野ではすでに巨匠が何人もいたので,自分は図鑑的な写真を撮ることを専らにした」という旨の文章がある。

自分の撮った写真を見るたびに,その言葉がじーんと響くのであった。

ま。自分が楽しければそれでいいじゃないか,と思えるようになった今日この頃。大人になったなぁ...

写真は,海蔵寺近くの土手に咲いていたホトケノザ。故郷,山口のホトケノザはもう少し花が大きいような気がするのだけれど。鎌倉は小型なのかな。

ちなみに,僕の実家も嫁の実家も,嫁の実家に滞在中の妻子も,いずれも地震での被害はありませんでした。

海蔵寺,鎌倉市扇ヶ谷

by melekai | 2005-03-23 00:06 | 鎌倉・花日記

三椏ざんまい

竹を撮りに報国寺へ行くものの,竹をどう撮ってよいかわからず撃沈...

さて。この季節,どこのお寺でも必ずと言っていいほど咲いているのが,三椏(みつまた)。
竹がきちんと撮れなかったので,かわりに三椏でもどうぞ。


b0071106_1515811.jpg
光則寺, 鎌倉市長谷


b0071106_15155219.jpg
海蔵寺, 鎌倉市扇ヶ谷


b0071106_15161229.jpg
瑞泉寺, 鎌倉市二階堂


個人的には,光則寺の三椏が一番見応えを感じるかなぁ...

by melekai | 2005-03-21 15:24 | 鎌倉・花日記