<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

島流し...

b0071106_193875.jpg

7月末に US 本社への出張を控えていたのに,急遽来週頭からシンガポールへ行くハメに...
もしかしたらシンガポールからそのまま US?

リクエストのあった「たくさん咲いている紫陽花」を撮りにいく暇はあるのか?

by melekai | 2006-06-30 01:12 | その他地域

ph.

b0071106_2322034.jpg

紫陽花についてよく語られることに,その花の色がある。

いわく,『紫陽花の花の色は土壌の酸性度によって決まる。土壌が酸性なら青色に,アルカリ性なら赤色になる』というもの。この話の納得できないところは,並んで生えている二株の紫陽花の片方が青い花をつけ,もう一方が赤い花をつけているのをよく見かけるからだ。そんなに狭い範囲で土壌の酸性度は変わるのか?それに,よく見ると同じ株でも赤い花だったり青い花だったりすることもある。

一方で,『花の色は遺伝的に決まる』という説もあるらしい。どちらかというとこちらのほうが納得がいく。並んで生えている二株の紫陽花の色がそれぞれに違うのも,遺伝的に違う要素を持っているからだろう。一つの株で青や赤の花をつけるのは,遺伝的に混ざっているんだろう,と。

いずれにせよ,「七変化」という別名を持つだけあって,紫陽花の花は色とりどり。「これは」と思う色の紫陽花に巡り会うのも難しい。

by melekai | 2006-06-28 23:27 | 鎌倉・花日記

ハイドランジア

b0071106_1402865.jpg

紫陽花は英語で Hydrangea という。学名そのままの工夫も何もない名前と言ってしまえばそれまでだけれど, Hydr の綴りが何となく水を連想させて紫陽花らしい良い名前だとも言える。

Hydrangea は Hydro + angeion で「水の容器」という意味らしい。これも季節の花 300から。

英語の名前の示す通り,紫陽花は水を好む。鎌倉が紫陽花の名所になったのは,谷戸(やと)と呼ばれる独特の地形が雨水を集め,水が豊富なためらしい。実際鎌倉というところは海から吹く風と谷戸の地形とが組み合わさって,実に湿度と水が豊富だ。おかげで「鎌倉の子供にはぜんそくが多い」という都市伝説(?)がまことしやかにささやかれている。そういえばうちの娘も咳が止まらない...

紫陽花は水と湿度を好む。梅雨どきの日本には実にふさわしい花だ。

ところで,湿度とは無縁のカリフォルニア州はサンフランシスコ・ベイ・エリア。普段出張するとかならず Stanford のショッピングセンターにでかけるのだが,ここには実にたくさんのハイドランジアが花を咲かせている。あのカラっとしたカリフォルニアの青空のしたに満開の紫陽花が咲き乱れているものだから,ちょっとびっくりする光景ではある。湿度の低い場所なだけに,何か特別な秘訣でもあるのだろうか。

by melekai | 2006-06-27 01:50 | 鎌倉・花日記

オタクサ

b0071106_19362663.jpg

アジサイの名前には逸話が多い。

日本では紫陽花と書くが,中国では紫陽花は別の花のことで,本来は八仙花と書くらしい。平安時代の学者,源順(みなもとのしたごう)が本来は別の花であった紫陽花の漢字をアジサイに充てて以来の誤用なんだとか。

平安時代に「紫陽花」の漢字を充てたということは,もともとこの花は古来から「アジサイ」の音で呼ばれていたということだ。アジサイは「アズ」「サアイ」で,「アズ」は集める,「サアイ」は「真藍」,青い花が集まって咲くさまからそう呼ばれるようになったらしい。

アジサイはまた,「七変化」という別の名前を持つ。中国が「八仙花」に対して日本が「七変化」。和名のほうが数字が一つ若い。

ここに書いたことは,いつも花のことを調べにいく季節の花 300に詳しい。

ところで,子供の頃からずっとアジサイの学名はシーボルトの愛人の「お滝さん」にちなんで「オタクサ」だと思っていた。ウェブを徘徊していても,Hydrangea Otaksa と紹介しているページもある。だが実際には下に書いてある通り,学名に「オタクサ」は含まれていない。シーボルトよりも早く学名を名付けた人がいたそうで,「オタクサ」は採用されなかったとのこと。ちょっと残念。でも,オランダでは「オタクサ」と呼ばれているらしい。

今週は紫陽花がしばらく続く。

ガクアジサイ(萼紫陽花), ユキノシタ科
[学] Hydrangea macrophylla form. normalis
[英] Hydrangea

OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
鎌倉市西御門

by melekai | 2006-06-25 20:01 | 鎌倉・花日記

海デビュー

梅雨にあるまじき快晴となった今日,かみさんの提案で家族で海へ。

若宮大路をひたすら南下,国道134号線を越え由比ケ浜海岸へ。そこから滑川に架かる橋を渡って材木座海岸へ出る。

どうでもいいことだけれど,由比ケ浜と材木座海岸は滑川が境なんだそうな。

- 1 -
b0071106_23152099.jpg
これまでかみさんがなんどか娘を砂浜まで連れて来たことはあるものの,「海ちゃぷ」するのは今日がはじめてらしい。

続きをみる...

by melekai | 2006-06-24 23:32 | 親ばか

紫陽花

「幸せバトン」の答えの書きかたがヒネクレモノみたいだと,嫁に怒られた...
b0071106_13535219.jpg

さて。
今日はアジサイ。もう終わりに近い... 結局今年も真面目に撮らなかった。
まぁ,アジサイが終われば百日紅の季節がやってくる。

ガクアジサイ(萼紫陽花), ユキノシタ科
[学] Hydrangea macrophylla form. normalis
[英] Hydrangea

OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
鎌倉市西御門

by melekai | 2006-06-24 13:57 | 鎌倉・花日記

時代は繰り返す

そのむかーし,チェーンメールというのが流行りましたが...
とにもかくにも幸せバトンを指名されたので。

1.あなたの今のしあわせ度は全世界で何位くらいですか?

ふしあわせ度と同じじゃない?

しかし,この設問の意図はなんだろう?悪い質問の例みたいだ。答えようがないし,答えたところで検証のしようがない。これ最初に作った人,この質問になんて答えて欲しかったんだろう?

2.今までの人生での「しあわせベスト3」は?

生まれたこと。
これまで生きたこと。
やがて死ぬだろうことを知ったこと。

3.ここ1週間でいちばんしあわせだった出来事は?

設問が微妙に日本語として破綻しているような気がするのはなぜ?

ここ最近一番嬉しかったこと,という意味なら,職場の机の上が片付いたこと。いや,7月から2席使えなくなるもんで... 誰が隣に座るのかなー? あと,娘が「パパ」と呼んでくれるようになったこと,かな。

4.しあわせな時、あなたがしてしまう行動は?

しあわせなときは,たぶんしあわせなことをしているでせう。

5.「しあわせ」と聞いて真っ先に思い浮かぶ食べ物は?

チョコパイ。

6.では、しあわせと聞いて真っ先に思い浮かぶ歌は?

手を叩こう。
もしくは,
「♪お仏壇のはせがわー」

7.あなたにとって「しあわせ」とはなんですか?

ポンズ醤油のあること,かな。古い? さんまも往時のキレがなくなってきましたな。
真面目に答えると,「しあわせ」とはストレスのかかっていない状況のことをいいますなぁ。個人的には。

8.バトンを次に回す人5人!

チェーンメールはまわすな,と教わったもんで。
テキトーにもっていってください。

by melekai | 2006-06-23 01:47 | ヘタレの肖像

オットのポジション

かみさんがブラウザのブックマークを操作しているのを後ろから眺めてふと気がついた。
「あつにつき」がブックマークされた順番。

上から10個程は割愛。

えきから時刻表
富岡ハム
佐藤病院
離乳食
ポケットカード
あつにつき
一人暮らしレシピ

「一人暮らしレシピ」って、あーた...

by melekai | 2006-06-20 22:39 | ヘタレの肖像

ネタぎれ

E-1 は防塵防滴とはいえ,それを振りかざす人間様のほうはめっきり雨に弱い。靴の中がぐちゅぐちゅしたり,濡れた衣服が肌にまとわりつくのがなにより嫌いなのだ。

... ダイバーのくせに...

ということで,この季節にはカメラを持ち出す機会がめっきり減ってしまう。

子供が大きくなってきたことも写真を撮る機会が減った理由のひとつ。ネンネのころはベビーカーを道ばたに停めて花をパチリと撮ることもできた。さすがにアンヨになるとそうはいかない。こちらがファインダーを覗いているあいだにあっという間に消え去ってしまう。

ま,そういうわけでしばらく写真はアップできないかもしれません。明日暇でも見つけて清水谷公園にでも行こうかなぁ...

by melekai | 2006-06-18 21:25

ツルハナナス

b0071106_231629.jpg


ツルハナナスよりもヤマホロシという名前のほうが通りがよい。
調べてみるとヤマホロシはツルハナナスとは本来別の花を指すのだが,
ヤマホロシの名前で広まってしまったとのこと。

ツルハナナスは5月ころから咲き始め,夏の間中ずっと咲いている。長い期間に亘って目を楽しませてくれるから,生け垣に絡ませてあることが多い。写真の花も近所のおそば屋さんの生け垣に絡んでいるもの。

ナス科の花はみんな似ている。

ツルハナナス(蔓花茄子), ナス科
[学] Solanum jasminoides
[英] Unknown

OLYMPUS E-1 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
鎌倉市西御門

by melekai | 2006-06-17 23:25 | 鎌倉・花日記