<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

払えスイセン

PB031846


先日富戸へ潜りにいきました。久しぶりに横浜に入りましたが,相変わらず魚影が濃いですね。
で,何に驚いたかっていうと,サービスのそばにあるトイレ(払えスイセン)の個室が洋式になっているじゃありませんか。富戸はあの和式トイレが個人的には許せなくて,洋式トイレのある海洋公園をひいきにしていたんですが...。

これからは富戸に行こう。

あ。横浜のほうのトイレ(坂東いるか)は相変わらず和式でしたよ。

by melekai | 2009-11-20 11:50 | 鎌倉・花日記

鼻水と女子高生

PB031837

休日出勤中...。天気良いですね。

九月の終わりから咳が止まりません。一日中咳き込むほどじゃありませんが,時と場所を選ばず,一旦出始めると発作のようになかなか止まりません。喘息なのか結核なのか,はたまた肺がんなんだろうかを思い悩むのも面倒ですし,何よりかみさんが心配するので医者に行くことにしました。

大船に喘息治療に力をいれている専門のお医者さんがあるとのことで,金曜日に早退して行ってみました。すると...

「鼻水だろうね。アレルギーある? 花粉症は? ない? 九月だとブタクサかなぁ。とりあえずね,鼻水抑える薬出して様子見ましょう。アレルギーの検査もしとく?」

鼻水を抑えるという薬。見事に咳を止めてくれました。というわけで本日気分爽快にオフィスにて講演用資料作成中です。

ところで,お医者さんから鎌倉に帰る途中,横須賀線の中に女子高生が三人いました。女子高生が三人です。この三人組,北鎌倉まではとても楽しそうにお喋りしていました。ところが,一人が北鎌倉で降りたとたん,残りの二人の態度が豹変します。

「あの娘って不思議ちゃん」「キモい」「理解できない」「あれで友達できるのかしら」「ほんと,勘弁してほしい」などなど,鎌倉に着くまでの三分間,ずっと北鎌倉で降りた娘の悪口を言いつづけてます。唖然。北鎌倉までのなかよしこよしっぷりはなんだったんだ?

女の世界は怖いなぁ。

さて,本日の写真ですが,陽の当たる紅葉の葉を背景にした日陰の紅葉です。鎌倉の紅葉もそろそろかな? 銀杏はかなり色が濃くなってきました。

by melekai | 2009-11-15 11:31 | 鎌倉・花日記

チキンレース

PB031828


とある商品を買おうとしているんですが,財布の中身が心許ないので様子を見ているのです。なんの様子を見ているかって?

アマゾンの「在庫状況」を見ているんです。ここが「在庫あり」なら大丈夫ですが,「在庫僅少」になればもうどうしようもない。ポチっとするだけです。

今日は「在庫あり」でした。明日は大丈夫でしょうか。たいした値段じゃありませんが,しかし毎日すこしだけドキドキしてます。

しかし,ですね。今日アマゾンの在庫状況の説明文を読んでみると,「在庫僅少」は無くて,「在庫あり」からいきなり「通常2~3日以内に発送」(配送センターに在庫がなく、取次店から商品を取り寄せる場合)となっているではありませんか。

そんなぁ。昔,鈴木祥子のライブ DVD のチキンレースをしていたとき,確かに「在庫2枚」と在庫の数を見た覚えがあるんだけれどなぁ...。夢だったかしらん...。

日々の生活に刺激がないとお嘆きのアナタ。アマゾンのチキンレース。お薦めです。(そうなのか!?)

by melekai | 2009-11-10 23:19 | 鎌倉・花日記

くるま選び

PB031835

写真と本文は関係ありません。

昨日,かみさんと長女がプリキュアの映画を見に行った隙(?)に,次女と中古車屋巡りをしてきました。次は新車で買うつもりなんですが,いろんなメーカーのいろんなクルマを一度に見るには,中古車展示場が手っ取り早いです。

次のマイカーは,大人四人が乗れること,プロテックスが積めること,運転していてダルくないこと,かといってピーキーすぎず,乗り心地が良いこと,の四点を評価して決めます。今回は大人四人が乗れるか,プロテックスが積めるか,に関していろいろなクルマをチェックしてきたので,感想を。

■ アウディ A3 スポーツバック
実は一番期待していたのが Audi A3 Sports Back。シングルフレームになった最新モデルがおいてありました。さすがに高級車だけあって,内外装の質感はすばらしいです。

トランクはそこそこ広いです。プロテックスを余裕で平積みできそうです。ダイビング機材なら,二人分は問題なく乗りそう。これだけ広ければ,普段の生活の中で困ることはないでしょう。ステーションワゴンではないのでゲート開口部と荷室のフロアがツライチではありませんが,まぁ問題ないと思います。

ダメなのは後部座席です。乗り込んでみましたが,背もたれの高さが足りません。座面も短いと思います。ヘッドレストは引き出して使うようですが,背中まできっちりと背もたれがサポートしていないような不安感を覚えます。僕の身長は 171cm。ドイツ女性の平均身長ぐらいだと思いますが,A3 はやっぱり大人二人の乗車を想定しているのでしょうか。

クルマの外観としては最も好きな一台なんですが,後部の居住性がネックになりそうです。

■ ミニ Mini
本当はクラブマンを見てみたいのですが,そこは中古車屋。見たいクルマがあるかどうかは運次第。昨日は普通の Mini Cooper しかありませんでした。

意外にも Mini の中は結構広いです。特に縦方向のキャビンの長さは外見からは想像付かないほど広くて,大人が四人きちんと乗れそうです。もちろん後部座席の窓は羽目殺しですし,ドアも二枚なので常時四人で乗車するといろいろと不便さは出そうです。ま,そこを知って買うクルマなんでしょうけどね。

内装は素敵のひとことにつきます。ナビのことなど考えていないような割り切ったデザインですが,雰囲気があっていい。最近のホンダ社の内装はガンダムみたいとよくいわれますが,同じ奇抜なデザインでもミニはセンスが良いと思います。

荷室は無いです。狭いのではなくて,無いです。一応リアハッチはあって,そのリアハッチを開くと後部座席との間に幾ばくかの隙間がありますが,あれは隙間であって空間ではありませんね。買い物をしても,結局はこの隙間へ積むのではなく助手席の足下に転がしてしまうのではないでしょうか。

ステーションワゴンの形をしたクラブマンでどの程度荷室が広がるか。これはやはりクラブマンをみなければなりませんね。

■ BMW 325i
買えないクルマを見てもしょうがないんですけどね。ま,でももし気に入ったら中古で購入とかもあり得なくはないですから,後学のためにいろいろ見ました。

さすがにこのクラスになると後席の居住性は問題ありません。運転席をドライビングポジションにした場合,前席シートバックと後席前端との間のスペースは,今乗っている CF6 (アコードワゴン)よりも少し狭い気がします。ですが,後席のシートバックの座面は CF6 よりも遥かに長いですね。十分な広さがあります。

荷室に関しても,プロテックスは詰めそうです。ただ,開口部が狭いのですね。大きくて重い荷物の積み降ろしはすこしつらいかもしれません。

内装のデザインに関しては後述のベンツのほうが好みだったです。広さはともかく,後席に乗ったときの開放感とか,肌に当たる部分の質感はベンツのほうが上だったと感じました。


■ Mercedes Benz C アバンギャルド
買えないクルマを見てもしょうがないんですけどね。こちらも BMW 325i 同様,居室も荷室も問題ありません。後部座席の座り心地は BMW よりもベンツのほうが良さそうですね。

ま,お値段がお値段ですからとても新車じゃ買えませんけれど,高級車というものがどういうものなのかよくわかりました。

... というかですね。一時期頻繁にシンガポールに出張していたのですよ。そのころはまだ景気も良くて,毎回チャンギ空港から繁華街までリムジンタクシーを頼んでいたのですが,これがまた全部ベンツの C クラス。シートも革張りで,あの乗り心地はすばらしかったなぁ。乗るたびに,革張りのところを意味も無くさすさすしてましたからね。

もし僕がそこそこお金を持っていて,そして後ろに座るのならば,このクルマが欲しいです。はい。

■ プジョー 307SW
ルックスが面白いです。7人乗りなので,大人四人ぐらいはへっちゃらです。3列目をたためば積載能力も問題ありません。なにより全幅が 1,730 mm で,今乗っている CF6 と同じ。全長は CF6 の 4,740mm に対して 307 SW は 4,470 と,2.7 cm 短いです。取り回しが良さそうです。

ひとつだけ気になったのは,これは中古車ということもありこの車体だけの問題かもしれませんが,運転席のドアをしめたときの音が,軽自動車のようでした。ボスンではなく,バタン,でした。

308 に代替わりしてしますが,これは試乗の価値ありですね。でも,このクルマも車両本体で 300万円を超えますし,なにより 308 になって全幅が 1,800 mm を超えてる...。

ところで,7人乗りというととうぜんミニバンなわけです。プジョー 308 SW を視野に入れるのなら,とうぜん VM の トゥーランも視野に入ります。Golf VI ベースのトゥーランは出てくるのでしょうかね? Golf Variant のほうは発表がありましたが。(しかし Golf VI Variant。なぜにドアの内装が Golf V のまま?)

■ VW ゴルフ (IV型)
ゴルフ IV (先々代)が2台程置いてありました。本命はゴルフかなぁと思っているので興味津々です。

... が,後席が狭い。あきらかに A3 と同様の狭さを感じます。前席シートバックから後席前端までの距離が短いです。これに大人四人は無理じゃないか?と思いました。

荷室に関しては,プロテックスの積載は問題なさそうです。

しかし,後部座席の居住性がなぁ...。

... と思ってたら,値札のついた車両とは別に,整備中の車両が並んでいる区画の隅に,ゴルフ V GTI (先代)がおいてあるじゃないですか。現行のゴルフ VI は先代 ゴルフ V とプラットフォームは全く同じ。ということでゴルフ V を覗いてみました。残念ながら全ドアにロックがかかっていて中は覗けませんでしたが,ガラス越しに見た後部座席の広さは,IV → V でずいぶんと改善されたようです。調べてみると IV の全長とホイールベースはそれぞれ 4,155mm と 2,515mm に対して,V は 4,205mm と 2,575mm。ホイールベースにして 6cm も拡大されています。これがそのまま室内の居住性に反映されたと考えれば... これは,VI 型を試乗しなくては。

■ スバル レガシィ ツーリングワゴン (BP型)
義理の父が BP の B4 乗ってまして。乗り味や居住性に関してはよく知ってます。荷室ももちろん問題ありません。いつだったか米国本社に出張したときにはレンタカーとして BP の Outback が出てきて,その乗り味にいたく感動した覚えもあります。

良いクルマです。全幅が 1,730mm で,CF6 と同じ。全長は 4,680mm で CF6 よりも 6cm 短い。新型レガシィはほとんど見かけませんが売れているんでしょうかね。BP 型のツーリングワゴンを眺めていると,つくづくとこの型が歴代レガシィの中で最も美しかったなと思います。

結構値段もこなれてきているし,もしかしたら BP のアウトバックを中古で買うというのが,我が家の使い方を考えると一番リーズナブルなのかも知れません。アウトバックでも全幅 1,770mm ですからね,この型のレガシィは。

■ マツダ アクセラ (先代)
2台程置いてありました。室内,広いです。荷室,問題ないです。内装のデザインと質感はそれほど悪くありませんでした。声をかけてきたお兄さんに「最近のマツダ車は,質感上がりましたね」と言うと,「そうですねぇ」と返されました。マツダは昔から同じクルマでも欧州向けモデルと国内向けモデルでは「別のクルマのように違う」という噂がありますが,最近はどうなんでしょうね。フォードのグローバル調達のおかげで,アクセラの足回りにはずいぶんと豪華な部品が使われているようではありますが。(BMW と同じキャリパーなんだとか)。

なお,アクセラは中古車としてはよく回るそうです。つまり,よく入荷し,よく売れる。このサイズがやっぱり売れ線ですよね,日本は。

■ 日産フーガ (現行型)
内装がちょっと気に入りませんでした。個人的な趣味の問題ですけどね。既に発表されている次期型はずいぶんと精悍な印象を受けますので,次期型が出たら見に行きます。ま,BMW やベンツと一緒で,買えない価格帯ですけどね。


見た車種は以上です。

とうことで,試乗候補は下記の通りとなりました(いまのところ)。

■ VW ゴルフ VI コンフォートライン (本命)
■ プジョー 308 SW (大穴)
■ マツダ・アクセラ (可能性あり)

以下,出待ち。

■ 日産スカイライン 250 GT (AT 7段化待ち,実は本命二番手)
■ VW ゴルフ VI トゥーラン (出るの?)
■ Audi A3 次期 (高くなりそう)
■ 日産フーガ 250GT (いや,どうせ買えないのだけれど)

え? トヨタとホンダ?

ホンダはもういいです。アコードワゴンがツアラーになった時点で,僕の中でホンダに対する愛は終わりました。トヨタは... 実はクルマのラインナップを知りません。マーク X ならスカイラインのほうが個人的には欲しいし,それよりも小さなサイズのクルマであれば,プリウス以外のクルマを積極的に選ぶ理由が無いように思います。プリウスの存在するクラスだと,ゴルフ VI やプジョー 308,あるいはマツダ・アクセラのように「あえてそれを選ぶ」説得力のあるクルマが,今のトヨタ・ホンダ・日産には見当たりません。

by melekai | 2009-11-09 12:49 | 鎌倉・花日記

ヨムヨム Vol. 12

PB031827


「落照の獄」読了。感想はまたあらためて。

写真はおなじみホトトギス。写真を撮り始めるまでこんな花があるとはしりませんでしたが、今ではすっかり秋のなじみの花となりました。

by melekai | 2009-11-07 16:37 | 鎌倉・花日記

ツワブキ

PB031815


ツワブキ(石蕗)が咲き始めると冬が来たと感じますね。
水仙もぐんぐん茎が高く育ってきています。冬支度,冬支度,と。

ちなみにツワブキの花言葉は「困難に傷つかない」だそうです。今のご時世,あやかりたいものです。

by melekai | 2009-11-06 14:41 | 鎌倉・花日記

秋の色 -5-

PB011772

紅葉も真っ青の染めっぷり。ナンキンハゼ。

街路樹といえば銀杏(イチョウ)、欅(ケヤキ)、桜なんかがすぐに思い浮かびますが、ナンキンハゼはあまりみません。街路樹に適さない理由が何かあるんでしょうかね?

写真は金沢動物園。

枕に「横浜の」とつけないと北陸だと勘違いされそうですが、横浜と鎌倉の境目あたりにある、のんびりとした動物園です。肉食獣こそいませんが、ゾウやコアラまでいる楽しい動物園ですよ。最寄りの駐車場には高速道路の上り線からしかアプローチできないという、ちょっと変わった動物園であります。

by melekai | 2009-11-05 01:14 | 鎌倉・花日記

秋の色 -4-

PB011758

エノコログサ。通称猫じゃらし。

11月になってすっかり朝晩冷え込むようになりましたね。あちこちでインフルエンザに罹患したという話を聞くようにもなりました。

苦手な冬がやってきます。

by melekai | 2009-11-04 08:35 | 鎌倉・花日記

秋の色 -3-

PB011740
いわずと知れた,銀杏(いちょう)。英語では Gingko といいますが,この英名は日本語が元になってますね。

自宅の周りには桜の木に次いで銀杏の木が多いのです。どういう縁か,職場のすぐ近くにも青山一丁目の銀杏並木があります。しかし日本人は銀杏の木が好きですねぇ...。

by melekai | 2009-11-03 00:38 | 鎌倉・花日記