<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

つんどく悪化

空色勾玉 (徳間文庫)

荻原 規子 / 徳間書店

スコア:


空色勾玉を手始めにして萩原規子作品を読み漁ろうなどとたくらみ、「白鳥異伝」の文庫本上下巻を手にしたとたん、「ずっとスタンバイミー(上)」が出てしまった。最終刊になる下巻は八月。そして昨日、上橋菜穂子の「蒼路の旅人」の文庫版が本屋に平積みされているのを発見。まだ「弧笛のかなた」も未読で本棚に積んであるのに...。他の「積ん読」状態の本をそっちのけでさっそく「蒼路の旅人」を読了すると、これはもう文庫本の発売を待たずに「天と地の旅人」三部作を読まないと収まりがつかない。

蒼路の旅人 (新潮文庫)

上橋 菜穂子 / 新潮社

スコア:


さらにつづく。ついに出てしまった「猫物語 (黒)」。(白)のほうは十月。しかしこれにどとまらず、なんと裏表紙近くに「傾物語 」の本年十二月刊行を手始めとして三ヶ月間隔で「花物語」「囮物語」「鬼物語」「恋物語」の案内が。「恋物語」にふくまれるのは「ひたぎエンド」だそう。ひたぎは「偽」の中でデレたとされているので、読まずにはおられんでしょう。しかし、傾・花・囮には「化」の文字が含まれているあたりの芸が細かい...。

猫物語 (黒) (講談社BOX)

西尾 維新 / 講談社

スコア:


図書館戦争シリーズもそろそろ文庫本化されてくる時期だろうし、なかなか読むものはなくなりません。

あ。忘れてませんよ「空色勾玉」の感想。面白いです。娘が中学生くらになったら読ませたいですね。大森望さんの書かれている文庫版解説も素晴らしいです。紀記神話好きにはたまりませんが、神話に詳しくなくてもとても楽しめます。そういえば主上や先生はあまり恋愛を書かない気がしますが、萩原規子さんはそのあたりも書きますね。

... しかし主上。新刊マダー?

by melekai | 2010-07-31 09:55 | ライフログ

水害

生まれ故郷の町がテレビで中継されている。
JR 山陽新幹線 厚狭駅。
梅雨明けの集中豪雨による水害なんだそうな。

うちの実家もかみさんの実家も浸水はしていないようだけれども,断水らしい。なんでも浄水場が浸かっちゃったんだとか。そりゃそうだわなぁ...。

次に引っ越すときにはやっぱり山の上にしよう。

by melekai | 2010-07-15 22:43 | 九州・山口

巨星落つ... 再び

ジェイムス・P・ホーガン氏が亡くなりました。

これまで読んだ SF で一番面白かったものを一つだけ選べと言われたら,間違いなく「星を継ぐもの」(Inherit the Stars)を挙げます。

早春に翻訳家の浅倉久志氏も逝去されましたが,ずいぶん寂しくなりました。

ご冥福をお祈りします。

by melekai | 2010-07-14 16:14 | ライフログ