ヒグラシの謎

b0071106_7385367.jpg

今日の写真もホトトギス。これで最後かな?
大巧寺,鎌倉市小町


ホトトギスの写真を上げながら,話題は蝉なんである。

僕が生まれ育ったのは本州の西の端からこぼれ落ちそうなところ。とうぜん田舎で,小学生の夏休みといえばもっぱらトンボだのセミだのカブトムシだのを捕まえてた。

ところで,セミの種類が地域によって全然違うような気がしている。

僕が育ったところでは,優勢種というのかな? もっとも多いのはニィニィゼミで,次がアブラゼミ。晩夏になるとツクツクホウシが現れて,夕暮れになるとヒグラシが鳴く。クマゼミというのはあまりいなくて,捕まえるとヒーローだった。ミンミンゼミは山奥の水辺まで足を伸ばさないと見つからなくて,それも木の高いところで鳴いているので,これを捕まえたらスーパーヒーローだった。

小学4年生の夏休み,親戚をたよって京都で1ヶ月を過ごしたことがある。京都の夏の苛烈さには驚かされたが,それよりもびっくりしたのは,京都では公園で鳴いているのはもっぱらクマゼミなのだった。みんなヒーローじゃん。ニィニィゼミはどこ?

しばらく住んでいた名古屋でも似たり寄ったりで,ニィニィゼミは影を潜め,アブラゼミとクマゼミが勢力争いをしている。

鎌倉はちょっと様子が違う。クマゼミはあまりいない。アブラゼミは多いけれど,ニィニィゼミはやはりいない。そしてあのミンミンゼミが普通種なのだ。

もうひとつ,鎌倉のセミで興味深いのは,夜明けとともにヒグラシが一斉に鳴き始めることだ。僕はだいたい4時半くらいに目を覚ますのだけれど,4時40分くらいになるとヒグラシが一斉に鳴き始める。だんだん鳴き始めの時間が遅くなっていくような気がするから,日の出の時間と関係があるみたい。でも,ヒグラシって,夕方に鳴くのでは?たしかに鎌倉でも日中は鳴いていないけれど。

子供の頃は早起きが苦手だったので知らなかっただけで,僕の田舎でもヒグラシは夜明けに鳴いているのだろうか?

by melekai | 2005-08-03 07:48 | 鎌倉・花日記